ジャワ更紗について・・・

バティックとは日本の「ろうけつ染め」にあたる物で、インドネシアの伝統的な染色工芸を「ジャワ更紗」といい、ロウで生地を防染してロウ付けした部分は色が染まらないという原則の元ロウを付けては染め、さらにロウを付けては別の色で染めこの作業を幾度と繰り返す事により色彩豊かで繊細な模様を画き出す、バティック・トゥリス(手書きバティック)やチャップと呼ばれる銅製のスタンプで一定の模様を型押しするバティック・チャップや型押しのチャップとトゥリスを交えて描き出すバティック・コンビナシやサブロナンと呼ぶバティック・プリント等があります。

バティックは元々、王族文様をジャワ王侯貴族の女性が画いていた為庶民には馴染みの少ない物だったそうです。現在は本場ジャワ島の地域毎や諸島ごとに異なる模様であったりインドネシアの時代背景によって様々な模様が描かれています。日本の統治下時代の物は着物の柄の様な細かい草花模様が多く見受けられたり、オランダ統治下時代は西洋文化的な模様が描かれていた様です。

インドネシアの時代と共に変化を遂げているバティックを一度に感じられるのはバティックパチワークならではの楽しみ方だと思います。
あなたの好きなバティックの模様・色等はどんな感じの物でしょうか?
KELAP KELIPを通して是非探して見て下さい。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0